あくまで手取り額は年収が多い方が高い

年収が1000万円を超えると、扶養家族の状況によっては給付される手当に一定の差はできます。 必要経費としての出費は多少増える可能性はありますが、上記の計算からもわかるように、手取り額自体は年収に比例して多くなります。 どの手当がどのラインから給付されなくなるのかなど、情報を集め、自身の年収と合わせてしっかり把握しておくことが重要です。

年収1000万円を稼ぐ業種

年収1000万円を稼ぐ職業としては、プロスポーツ選手のように複数年契約の業種や、弁護士、医者など国家資格を要する業種、国家公務員、国会議員などに多いようです。 合格率の低い試験を突破する必要がある業種、特殊なスキルが必要な業種など、やはり年収1000万円を稼ぐためには、並々ならぬ努力が必要なことが伺えます。

計画的なお金の使い方で快適なライフプランを

年収を上げることだけが、より豊かな生活に繋がるとは限りません。 大切なことは自身の収入と税金などに対して正しい知識を持ち、正しい判断を下すことではないでしょうか。 社会情勢が不安定な状況下の今こそ、正しい知識と正しいお金の使い方が求められています。