年収1000万円の金銭事情

1分でわかるニュースの要点

  • 年収1000万円の手取り額と税金額の計算方法
  • 年収1000万円に課せられる税金と累進課税制度
  • 年収1000万円を稼ぐ職業とお金との付き合い方

「年収」や「総支給」、「控除額」など給与や税金にまつわる言葉には聞きなれない難しい言葉が並びます。 納税額が、給料が高ければ高いほど多くなるのは、一般的に知られていることかと思います。 年収と納税額の関係など課税制度を正しく知ることは、より豊かな生活を送るために重要です。

年収1000万円の税金額の計算方法

所得税や住民税など税金は項目が細かく分かれているため、実際に納税額を項目ごとに把握しているサラリーマンは少ないかと思います。 年収が多いと納税額も多くなることは一般的ですが、年収が平均年収の441万円であっても1000万円であっても、納税額の計算方法は変わりません。

控除額

控除額は、給与所得控除と所得控除の二つに分かれます。 給与所得控除:年収×控除率+固定控除額 給与所得控除では、年収が多いほど控除率は低く、固定控除額は大きくなり、年収が1000万円を超える場合は一律220万円が給与所得控除額となります。 所得控除:基礎控除+社会保険料控除

所得税

所得税は、課税所得額と所得税率、控除額から計算できます。 課税所得額に応じて所得税率と控除額が変動し、所得額が多ければ多いほど所得税も多くなります。 課税所得額:総支給額-給与所得控除-所得控除 所得税:課税所得額×所得税率-控除額