雪印牛肉偽装事件とは

1分でわかる雪印牛肉偽装事件

  • BSE感染問題で政府が国産牛肉の買取を行なっていた
  • 経営難だった雪印が外国産牛肉を政府に買い取らせた
  • 雪印は会社清算し、様々な企業へ吸収合併された

「雪印牛肉偽装事件」は、2004年に発覚した「牛肉偽装事件」の皮切りとなった事件です。農林水産省がBSE(牛海綿状脳症)対策として実施していた、国産牛肉買い取り事業を舞台とした補助金詐取事件を指します。 ここでは雪印牛肉偽装事件において、どのような手口で補助金詐取が行われたのかについて説明します。

雪印による補助金詐欺

「雪印牛肉偽装事件」は、農林水産省の在庫牛肉買い取り制度を悪用した補助金詐欺事件のことです。 この制度を悪用したのが、雪印食品関西ミートセンターのスタッフです。オーストラリア産の牛肉を国内産牛肉のパッケージに詰め、国産と偽って農林水産省に買い取り費用を請求し約900万円の補助金を受け取ったというものです。 その内容はオーストラリア産牛肉30tを含む、約280tもの外国産牛肉を国産牛肉として不正請求したという悪質なものでした。

雪印牛肉偽装事件の経緯と概要

(画像:Unsplash

「雪印牛肉偽装事件」の背景には日本で初めてBSE(牛海綿状脳症)が発症したという事実だけでなく、雪印食品側が抱えていた経営難が関係しています。 ここでは当時の日本国内におけるBSE対策と、雪印食品が抱えていた事情について説明します。「雪印牛肉偽装事件」は引き起こした一部の社員だけが悪いわけではないことも、併せて知っておきましょう。

国産牛肉のBSE感染が問題となり政府が国産牛肉の買取を行う

農林水産省はBSEに感染した牛肉を流通させないため2001年10月13日以降は全頭検査を開始するとともに、同年10月12日までに解体した国際牛肉を買い取り、市場に出回らないよう冷凍保管することを決めました。 背景には1996年にイギリスが、クロイツフェルト・ヤコブ病感染者のうち10名の発症原因がBSEに感染した牛肉である可能性が高いという見解を明らかにしたことがあります。