「allow」の意味とビジネス例文

ここでは「allow」という単語が持つ意味について解説します。 「allow」が持つ意味は大きく3つあり、日常会話でも頻出する単語であるため理解しておくと便利な単語です。今回はビジネスシーンを想定した例文を紹介しながら、「allow」の意味を解説していきます。

許可する、認める

まず、「allow」の「許可する」「認める」という意味について解説します。 ・It is allowed that only employees use this key. (この鍵は社員だけが使うことができるよ。) 例文のように「~できる・可能である」という表現は「can」や「may」を思いつく方が多いですが、「can」は「能力」としての可能ですが、「allow」は「権限」としての可能です。直訳すると例文の和訳は「使うことが許可されている。」という表現で、受け身の文章になっています。

与える

続いて「allow」の「与える」という意味について解説します。 ・The company allows public relations a 500-dollar a month expense. (会社は広報用に月500ドルの経費を与えている。) 日本語では「give」と同じ「与える」ですが、「allow」がそもそも持つ「許可」の意味合いが含まれています。その為、単に「与える」ではなく「許可して(お金・時間を)与える」というニュアンスを持ちます。

〜の余裕を見ておく

「allow」の「〜の余裕を見ておく」という意味について解説します。 ・We should allow one hour for this meeting. (今回の打合せには1時間かかるとみておいた方が良い。) この表現はお金や時間などに対して「見込む」という時に使うことができます。この場合は「allow for 〜」の形で使用し、例文のように「allow + 時間・お金 + for 〜」という形式の文章にすることで、「(お金や時間を)〜とみておく・余裕を見ておく」という表現になります。