1分でわかる土浦連続殺傷事件

土浦連続殺傷事件とは

  • 2008年3月に茨城県土浦市で起こった通り魔事件
  • 犯行は2日にわたって行われ、9名の死傷者が出る
  • 2010年に犯人の刑が確定し、2013年に死刑執行

土浦連続殺傷事件の概要

「土浦連続殺傷事件」は2008年3月に、2日にわたって当時24歳の若者が9名を襲った通り魔事件です。そして「土浦連続殺傷事件」は、犯人により計画的に行われたものでした。 ここでは「土浦連続殺傷事件」の概要について、詳述します。

2008年に茨城県土浦市で起きた通り魔事件

「土浦連続殺傷事件」は、2008年3月の19日・23日の2日にわたって発生しました。 最初に事件が発生したのは、茨城県土浦市中村南です。19日9時20分過ぎ、自宅の玄関前にいた72歳の男性を背後から襲ったのが始まりでした。 犯人はその日は逃亡し都内に潜伏しましたが同月23日に再び茨城県土浦市に戻り、荒川沖駅で凶行に及びました。

2人が死亡、7人が負傷

「土浦連続殺傷事件」では2名の死亡者と、7名の負傷者が出ています。最初の犠牲者となった72歳の男性は、首を刺されたことにより事件当日の2008年3月19日に亡くなっています。 そしてより多くの人を殺害するために同月23日の11時過ぎに荒川沖駅に戻り、西口から東口にかけて歩いていた人を次々に刺しました。 その結果27歳の男性が死亡、警察官を含む7名の負傷者が出る大惨事となりました。