資金繰りの悪化で負債総額は約37億円

ファーストキャビン代表取締役岸田 登氏は今月25日に自社のウェブサイトを通じて、東京地方裁判所に破産手続きの申し立てを行ったと発表しました。 通常のカプセルホテル以上の高級感あるサービスを提供する「コンパクトホテル」をコンセプトに全国に26店舗を展開してきましたが、昨今の宿泊施設の価格競争激化と新型コロナ感染拡大の影響で稼働率が落ち込み財務状況が悪化していました。

新型コロナの影響が

新型コロナ感染拡大の影響で3月から4月下旬にかけて稼働率が約10%まで落ち込む店舗もあり、外国人観光客に人気の京都5店舗も全て休業していました。 その他一部の店舗も感染防止の観点から休業しており、再開の目途が立たないとして直営店5店舗の営業終了を判断をした模様です。また、フランチャイズ店については新型コロナ感染収束の動向を見ながら営業再開を検討してほしいとしています。

競争率の激化で業績赤字だったファーストキャビン

ファーストキャビンは高級感あるコンパクトホテルを低料金で提供するビジネスモデルで積極的に店舗を拡大し、2019年3月期は売上高16億8645万円まで伸ばしましたが、供給過剰や他社との価格競争が激化し、減損や特別損失の発生で2期連続の赤字となっていました。