1分でわかる恵庭事件

恵庭事件の要点

  • 酪農家兄弟が自衛隊の通信回線を切断
  • 自衛隊の違憲性が法廷での争点
  • 無罪判決に「肩透かし判決」と評価

「恵庭事件」とは軍事演習に伴う騒音被害に抗議する目的で、北海道の酪農家兄弟が自衛隊所有の通信回線を切断した刑事事件であり、自衛隊の違憲性が法廷で争われたことで注目を集めました。 しかし、札幌地裁は自衛隊の違憲性に踏み込むことなく、通信回線は自衛隊法121条に規定する「防衛に使用するもの」に該当しないとして無罪判決を下したため「肩透かし判決」と評されるのです。

恵庭事件の概要

「恵庭事件」は1964年に北海道の酪農家兄弟が、自衛隊所有の通信回線を切断したことに端を発し、自衛隊の存在が憲法違反であるか否かが争われた刑事事件であり、日本中の注目を集める中1967年に無罪判決が確定しています。 そこで、自衛隊と地域住民のトラブルによる刑事事件が、なぜ日本中の注目を集めることとなったのか、その概要や経緯について説明します。

事件の発端は酪農家2名による自衛隊通信線切断

「恵庭事件」は北海道で酪農を営む2人の兄弟が、自衛隊島松演習場が所有する通信回線を切断した刑事事件です。 この当時日本では自衛隊の違憲性を巡って左翼系活動家たちが各地で過激な運動を繰り広げており、1971年には陸上自衛隊朝霞駐屯地で自衛官が殺害される凶悪事件も発生しています。 しかし、この酪農家兄弟は自衛隊の存在に異議を唱える左翼系活動家などではなく演習に伴う騒音の被害者であり、抗議しても聞き入れようとしない自衛隊への腹いせに通信回線を切断したに過ぎないのです。

切断の背景には自衛隊への騒音被害があった

酪農家兄弟が通信回線を切断するに至った背景には、自衛隊島松演習場が引き起こしていた深刻な騒音問題があります。 当時島松演習場では砲撃訓練をはじめ、さまざまな演習が行われていましたが、そのたびに耐え難い騒音公害が発生しており周辺住民の生活に大きな支障を来していました。 とりわけこの地域で飼育されていた乳牛については早産や死産となる事例が頻発し、乳量が大幅に減少する等の深刻な被害を被っており酪農農家にとっては死活問題となっていたのです。