イタリア、フランス、スペインでスーパーや薬局以外の閉鎖

イタリアで本格化した新型コロナウイルス感染はヨーロッパ全土に広がり、イタリア、フランス、スペインでスーパーや薬局以外の店舗の閉鎖が相次いでいます。 スペインでは今月14日にペドロ サンチェス首相が、非常事態宣言を発令し不用不急の外出を制限すると声明を出しています。 更に、感染拡大が深刻化しているフランスでは15日から食料品や薬局を除き、飲食店や商業施設を閉鎖したと発表しました。

なぜヨーロッパで急速な感染拡大が起きているのか?

ヨーロッパではEU(欧州連合)加盟27カ国間の人の往来が比較的容易なこともあり、感染が拡大したといわれています。感染が深刻化する以前は各国政府の危機感が乏しく、感染患者や検査に訪れた市民や病院関係者などによる院内感染でウイルスが各地に広がったと見られています。

人の移動が盛ん

EU加盟国は各国の国民が加盟国内を自由に移動、居住、労働が可能で、パスポートや入国審査等もなく人の往来が自由になっています。またヨーロパの26カ国が加盟するシェンゲン圏でも共通ビザが発行されています。 このような施策を背景に、市民の交流が頻繁に行われていたことも感染拡大につながったと見られ加盟国27ヵ国全てで感染者が確認されています。 EUはこれまで制限していなかったシェンゲン圏の短期滞在ビザと入国について、加盟国の判断で拒否することを可能にする措置を取ったとしています。