忖度とは

日本政府による森友・加計学園問題以降、「忖度」という言葉が頻繁にニュースやワイドショーで使われるようになりましたが、この言葉の正しい意味を知っていますか。 この記事では類義語・対義語なども紹介しますが、まずはこの見出しで「忖度」という言葉の正しい意味を理解しておきましょう。

忖度の読み方は「そんたく」

「忖度」は「そんたく」と読みます。それぞれの漢字の読み方は、「忖」は音読みでは「ソン」、訓読みでは「おしはかる」「はかる」となります。そして「度」は音読みでは「ド」「ト」「タク」、訓読みでは「たび」「はかる」となります。 つまり、「忖度」はそれぞれの漢字の音読みを合わせた読み方になっています。「忖」の字は日常的に使う単語ではないのでやや難しい読み方ですが、しっかりと覚えておきましょう。

忖度の意味は「他人気持ちを推察すること」

「忖度」とは「他人気持ちを推察すること」という意味の言葉です。「忖」には「人の気持ちを推し量ること」「度」には「物事の程度や数量などをはかる」という意味があります。 つまり、それぞれの意味から考えると「人の気持ちの程度を推し量ること」という意味になるので、「忖度」の「他人の気持ちを推察すること」という意味も理解できると思います。漢字の意味から考えれば意味が分かりやすくなります。

斟酌の意味と忖度との違い

「忖度」とは「他人の気持ちを推察すること」という意味でした。 次は、区別が難しい「斟酌」という言葉との意味の区別について紹介していきます。意味自体は非常に似ていますがニュアンスが少し異なり、その少しの違いによって使われ方が全く変わりますので、正しい意味を理解しておきましょう。