可愛かずみとは

可愛かずみは東京都出身で、32歳で亡くなった女優です。高校在学中にモデルにスカウトされて、芸能界に入りました。女優だけでなく歌手、バラエティアイドルなど幅広く活躍し、1980年代に一躍人気芸能人となります。

成人映画でデビュー

可愛かずみは高校時代モデル事務所にスカウトされて、芸能界に入りました。たまたま受けた仕事が日活ロマンポルノ(成人映画のレーベル)で、本人は乗り気でなかったものの1982年にそのまま女優デビューすることになります。 可愛かずみは当初辞退するつもりでしたが、事務所の強い勧めももあって過度にセクシーなシーンを撮らないことを条件に引き受けたそうです。 彼女が成人映画に出演したのはデビュー作「セーラー服色情飼育」のみですが、人並み外れたルックスとプロポーションで一気に脚光を浴びました。

歌手としても活躍

可愛かずみはその後テレビドラマや映画に立て続けに出演しています。グラビア写真やバラエティ番組など活躍の場を広げて急激に人気を博していきました。 そして1984年5月「春感ムスメ」で歌手デビューを果たしました。リリースしたシングルやアルバムはすべて売れ、アイドル歌手としての活躍も見せていきます。 なお可愛かずみの歌声について、和田アキ子は本格的なレッスンを受ければもっと上達すると高い評価をしていました。