夕張保険金殺人事件とは

1分でわかる夕張保険金殺人事件

  • 暴力団夫婦が事業の資金繰り悪化から社員宿舎を放火
  • 保険金詐欺であることが判明し夫婦に死刑判決
  • 夫婦は恩赦を狙い控訴せず死刑確定、執行された

「夕張保険金殺人事件」は犯人夫妻が経営する会社の従業員が住まう宿舎の火災保険と、従業員の死亡保険を目当てにした放火殺人事件です。 犯人夫妻は暴力団日高組の組長夫妻でもありました。 事件の実行犯は犯人夫妻にそそのかされた会社の作業員でしたが、この作業員の自白によって夫妻の犯行内容が明らかになりました。裁判は紆余曲折をたどりましたが、結果的に夫婦二人に死刑が執行されるという戦後初めてのケースになりました。

日高安政

日高安政は6歳の時に夕張市に移住しますが、父を失い母子家庭で育ちました。 兄たちの影響もあって非行に走り、小学校6年生から15歳までを教護院で過ごします。17歳の頃から暴力団員となりますが、1969年には最初の結婚して子供ももうけます。 日高は夕張炭鉱で操業していた三菱大夕張炭鉱(みつびしおおゆうばりたんこう)の下請け会社を1970年頃興し、炭鉱作業員の手配を行う一方で暴力団誠友会の初代組長として金融業や水商売も手がけます。やがて日高は刑務所で服役することが多くなり、会社は実質的に再婚した妻の信子が仕切るようになります。

日高信子

もう一人の「夕張保険金殺人事件」の首謀者である日高信子は1946年に夕張炭鉱の炭鉱夫の家庭に生まれました。 高校時代から非行に走り「女番長」として知られていました。 高校卒業後は東京の専門学校に入学しましたが、1年後に夕張に戻り暴力団の組員と結婚します。その後夫は死亡し信子はバーのホステスとして 働くようになりました。 そのバーに客として来ていた日高安正と知り合い、最初の妻と離婚した安政とやがて再婚します。