夕張保険金殺人事件とは

「夕張保険金事件」は保険金を目的とした放火殺人事件です。映画の舞台にもなった夕張炭鉱が舞台です。幼い子供の命までも奪った残虐非道な事件でした。 犯人夫妻の理不尽な振る舞いやお金の使い道が話題になりましたが、昭和天皇崩御という時節を反映して裁判そのものも紆余曲折(うよきょくせつ)した希有(けう)な事件です。

暴力団組員の夫婦による保険金目当ての殺人事件

「夕張保険金殺人事件」は犯人夫妻が経営する会社の従業員が住まう宿舎の火災保険と、従業員の死亡保険を目当てにした放火殺人事件です。 犯人夫妻は暴力団日高組の組長夫妻でもありました。 事件の実行犯は犯人夫妻にそそのかされた会社の作業員でしたが、この作業員の自白によって夫妻の犯行内容が明らかになりました。裁判は紆余曲折をたどりましたが、結果的に夫婦二人に死刑が執行されるという戦後初めてのケースになりました。

夕張保険金殺人事件の犯人夫婦

残虐非道な「夕張保険金殺人事件」ですが、この事件の首謀者は夕張炭鉱で炭鉱作業者を斡旋する(いわゆる手配師業)日高興業という会社経営のかたわら、暴力団日高組の初代組長でもあった日高安政(ひだかやすまさ)とその妻信子(のぶこ)です。 二人はどのような人間だったのでしょうか。まずは二人の人物像に迫ってみましょう。

日高安政

日高安政は6歳の時に夕張市に移住しますが、父を失い母子家庭で育ちました。 兄たちの影響もあって非行に走り、小学校6年生から15歳までを教護院で過ごします。17歳の頃から暴力団員となりますが、1969年には最初の結婚して子供ももうけます。 日高は夕張炭鉱で操業していた三菱大夕張炭鉱(みつびしおおゆうばりたんこう)の下請け会社を1970年頃興し、炭鉱作業員の手配を行う一方で暴力団誠友会の初代組長として金融業や水商売も手がけます。やがて日高は刑務所で服役することが多くなり、会社は実質的に再婚した妻の信子が仕切るようになります。