手持ち無沙汰の読みは「てもちぶさた」で「ぶたさ」ではない

「手持ち無沙汰」の読みは「てもちぶさた」です。「てもちぶたさ」と読んでしまわないように気を付けましょう。 「無沙汰」の「無」は音読みで「ム・ブ」、訓読みで「な(い)」です。「沙」は音読みで「サ・シャ」、訓読みで「すな・みぎわ・よな(げる)」です。「沙」は音読みで「タ・タイ」、訓読みで「よな(げる)・にご(る)・おご(る)」ですから「無沙汰」は全て音読みになります。

手持ち無沙汰の意味や語源

次に「手持ち無沙汰」の意味や語源を見てみましょう。意味と語源をセットで覚えておくと両方とも頭に残ります。 「無沙汰」は「手持ち無沙汰」以外にも「ご無沙汰しています。」などの挨拶としても使われますので、しっかりと意味を理解しておきましょう。

手持ち無沙汰の意味は「何もすることがなくて間が持たないこと」

「手持ち無沙汰」の意味は「何もすることがなくて間が持たないこと」です。 「手持ち無沙汰」は「手持ち」と「無沙汰」に分けて考えます。「手持ち」には「金銭・手の扱い方・道具の扱い方」の意味があります。一方「無沙汰」は「沙汰」が「通知・音信・裁定」を意味しますから「便りがない」の意味になります。 したがって「手持ち無沙汰」は「手の扱いが止まっている」が転じて「何もすることがなくて間が持たないこと」、つまりは「何もしない・怠けている」というニュアンスがあります。

手持ち無沙汰の語源

「手持ち無沙汰」の語源は江戸時代に遡(さかのぼ)ります。江戸時代にいた油売りの仕事の様子にその由来があります。 油を売るとき桶から客の容器に油を移しますが、油は水などと違って粘性が高いですから非常に時間がかかります。その様子が一見何もしないで怠けているように見えたことから、「何もしないで間が空いている様子」が広く一般に「手持ち無沙汰」というようになったとされています。 怠けて無駄話ばかりをする様子を「油を売る」と表現しますが、これも油を売るときに時間がかかるので間を持たすために世間話をした様子からいわれるようになった言葉のようです。