無病息災(むびょうそくさい)の英語は「sound (good) health」「hale and hearty」

(画像:Unsplash

「無病息災」には直訳となる英単語はなく、「sound (good) health」または「hale and hearty」と表現されます。 ・My family is in the enjoyment of sound health. (私の家族は無病息災といえます。) ・My grandfather is hale and hearty. (私の祖父は無病息災です。) 「sound (good) health」は「正常な健康状態」、「hale and hearty」は「達者な」「元気がいい」と和訳されます。どちらも「無病息災」を表すことに変わりはありません。

無病息災(むびょうそくさい)の使い方と例文

(画像:Unsplash

「無病息災」は「病気や災いに巻き込まれることなく健康で元気なこと」を表す場合に使う四字熟語です。 ここでは「無病息災を祈願する」「無病息災で過ごす」を取り上げて、その意味と使い方を説明します。どんなシーンで使われることが多いのかも、併せて覚えておきましょう。

例文①無病息災を祈願する

比較的使用頻度が高いのは「無病息災を祈願する」という表現です。健康を願うシーンで使われます。 ・帰省した際には、無病息災を祈願するお祭りに参加するようにしています。 ・無病息災を祈願したお札をいただいてきたので、ぜひ転居先に持って行ってください。 「病気や災いに巻き込まれることなく、健康で元気で過ごせるようにと神様や仏様へ祈りを捧げる」という場面で「無病息災を祈願する」と使います。

例文②無病息災で過ごす

「無病息災で過ごす」とは「病気やケガ、災難とは無縁に生活する」ことを意味します。 ・本厄の年は災難が多いと聞き不安でしたが、無病息災に過ごすことができてホッとしています。 ・年を取って不調な日が多くなるにつれて、無病息災で過ごすことがいかに幸せなことかと実感するようになりました。 「無病息災で過ごす」は、元気で健康でいることのありがたみを実感する場面などで用いられる言葉です。不安要素を抱えながらも、結果何事もなく過ごせた場合にも使うことがあります。