無病息災の読み方は「むびょうそくさい」

「無病」と「息災」という熟語でできた「無病息災」の読み方は、「むびょうそくさい」です。すべての文字を音読します。 以下では読み方に加えて、「無病息災」の意味や語源についても説明します。仕事でもプライベートでも比較的よく耳にする四字熟語なので、使い方も含めて覚えておいてください。

無病息災の意味は「病気をせず、元気で健康なこと」

「無病息災」は「病気をせず、元気で健康であること」を意味します。 「無病息災」を構成する2語のうち「無病」は「病気しない」「達者である」ことを指します。そして「息災」は「病気だけでなく、ケガも含めた災難を防ぐ」という意味です。 この2つを重ねることで「病気やケガなどの災いがなく、健康で元気である」ことを表します。

無病息災の語源

「無病息災」の語源は仏教語です。特に「息災」は仏教語として特別な意味があります。 仏教には「仏の力で病気や災害といった災いを防ぐ」という考え方があります。この考え方を「息める(やめる)」と表現します。 さらに「息」は「息の根」や「虫の息」といった言葉にも使われ「生きる力」という意味も含まれています。そのため「息災」は「災いを防ぎながら健康に生きる」ことまでもを表すようになりました。

無病息災(むびょうそくさい)の類語

「無病息災」は類語が多い分類に入る言葉です。四字熟語だけでも「家内安全」をはじめ、「一病息災」「延命息災」「無事息災」「息災延命」「平穏無事」などがあります。 ここでは「家内安全」「一病息災」「延命息災」「無事息災」の4つを取り上げ、例文と共に「無病息災」と比較しながら意味を説明します。