1分でわかる松本サリン事件

松本サリン事件

  • オウム真理教によって起こされた凶悪テロ事件
  • 河野さんは冤罪被害者
  • 地下鉄サリン事件へつながる事件

松本サリン事件は、昭和の犯罪史に名を残すオウム真理教が起こした犯罪の一つです。1994年長野県松本市内でサリンがばら撒かれ、死者7人(2008年負傷加療中に亡くなった者を含めると8人)を記録しました。 オウム真理教のサリン事件でいえば、この翌年に起こった地下鉄サリン事件が有名ですが、松本サリン事件はそれにつながる実験的な事件であるとされています。 また、この事件は杜撰(ずさん)な警察の捜査や偏見的な報道によって起きた冤罪事件、報道被害事件でもあります。

松本サリン事件の概要

1994年6月27日と翌28日早朝にかけて長野県松本市の閑静な住宅街で謎の有毒ガスで7人が死亡、約600人が負傷します。事件当初死因となった物質が何なのか明らかでなく、食中毒や自然災害の可能性も疑われたのです。 このときはオウム真理教の仕業であると考えられておらず、長野県警は事件翌日容疑者不詳のまま第一通報者の河野義行さん宅を捜索、マスコミも報道で河野さんを犯人視したのでした。

オウム真理教が土地の取得に際しトラブルを起こした

当時オウム真理教は全国に支部道場を建設しようとしており、松本市でもその計画を実行中でした。 オウム真理教が母体の食品加工会社が取得した土地について、土地を売却した地主は地元住民の反対運動を展開し、土地の返還請求訴訟を起こします。オウムは結局半分の土地を失い、半分の規模で支部道場を建設します。 しかし、住民はこの支部道場の敷地部分についても返還を求めて運動します。そこで、オウム真理教の教祖麻原彰晃が狙いを定めたのが事件を担当する裁判官だったのです。

サリンの威力を確かめる意味もあった

オウム真理教は1993年11月~12月山梨県上九一色村の施設「第7サティアン」内に、70トンものサリン製造プラントを建設しようとしていました。 この頃から教団は「池田大作サリン襲撃未遂事件」(93年11月・12月)や「滝本太郎弁護士サリン襲撃事件」(94年5月)などの犯罪を計画しますが、いずれも未遂に終わります。 松本サリン事件後、教団は第7サティアンでサリンの大量生産を本格的に開始していることから、松本サリン事件はサリンの威力を確かめる意味もあったとされています。