「尊い」の要約

  • 意味:「地位が高く高貴」「敬うべき、尊敬すべきである」「貴重、高価である」
  • 由来:「『たふとし』という文語表現」
  • 例文:「その方の尊い教えを聴くため、多くの人々が広場に集まった。」
  • 類語:「崇敬・敬畏」「気高い」「上等・珍しい」
  • 対義語:「粗末・ありふれた」「軽蔑・侮蔑」
  • 英語:「noble」「honorable」「precious」

尊いとは

「尊い」という表現は会話や文章でよく使われます。「尊い」は様々な場面で使える便利な表現ですが、意味合いが強いため、多用しすぎるのもよくありません。「尊い」の意味や使い分けについて学び、適切な使い方をすることが大切です。まず、「尊い」の2つの読み方と「貴い」との違いを解説します。

尊いの読み方①「とうとい」

「尊い」にはいくつかの訓読みがありますが、一番ポピュラーな読み方は「とうとい」です。通常は「とうとい」と読めば問題ありません。 また、「尊い」より見かけることは少ないですが、「尊ぶ」と書いて「とうとぶ」と読みます。他にも、「尊」の一字で「みこと」と読みます。こちらは名前として使われることも多くあります。 「尊」の字は音読みすると「そん」で、「尊敬」をはじめ様々な熟語で用いられます。

尊いの読み方②「たっとい」

「尊い」には「たっとい」という読み方もあります。「たっとい」は昔の読み方で、現代ではほとんど使わることはありません。 日本語には書き言葉の文語と話し言葉の口語があります。平安時代の頃から、文語と口語は使い分けられてきました。 もともと「たふとし」という文語表現があり、口語で「たっとい」が用いられるようになりました。その後、現代読みの「とうとい」が一般的になったという経緯があります。