ヴァージン航空が経営破綻

1分でわかるニュースの要点

  • 航空大手がコロナ問題で破綻するのは世界初
  • 黒字を目指し業績立て直し、全日空との提携も
  • 航空産業に広がる倒産懸念、政府支援は急務

新型コロナウイルスの影響で業績悪化

ヴァージン・オーストラリアは21日、任意管理手続き(日本の民事再生法に相当)の適用を申請すると発表しました。新型コロナウイルスで破綻した航空大手としては世界初のケースです。 同社はコロナウイルスの影響を受け、3月から国際線と国内線のほとんどを運休としてきました。従業員の8割を一時帰休とするなどの対策をとってきたものの、急速な業績悪化で資金繰りが悪化。政府の支援も得られず、今回の事態を迎えました。同国大手企業の中でも初めての破綻事例となります。

豪政府に支援を要請も進まず

ヴァージン航空は3月、政府に14億豪ドル(約950億円)の支援を求めていると発表しました。しかし政府は株主に支援を求めるよう促します。 一方、オーストラリア政府は前月22日、国内経済活性化のための「経済刺激パッケージ」を発表します。国内航空会社に対する税の還付や免除などを通じ、総額7億1,500万豪ドル(約486億円)におよぶ支援を行うとの内容でした。 しかしその後31日には主要株主が増資要請に応えなかったことが判明し、破綻の道を歩むことになりました。政府が支援要請に応じなかったのは、特定企業に対する個別支援に後ろ向きだったことが背景にあると言われています。

元々業績の悪かったヴァージン航空

ヴァージン航空は、国内線で3割のシェアをもち、同国首位のカンタス航空に次ぐ第2位の航空会社でした。しかし内実では7期連続で赤字決算が続き、50億豪ドル(約3,396億円)もの負債をかかえるなど、業績の悪化が続いていました。