野田小4女児虐待事件の概要

千葉県野田市の当時小学4年生だった栗原心愛さんが、父親の栗原勇一郎被告から日常的な虐待を受け、暴行を受けて死亡するという痛ましい事件がありました。 この事件は、父親による虐待と、それを介入する児童相談所の対応が問題視されています。

栗原勇一郎被告による犯行

2019年1月に野田市で起こったこの事件は、栗原心愛さんが実の父親である栗原勇一郎被告による虐待が日常的に行われ、死亡するという事態になりました。 栗原勇一郎被告は傷害致死罪で起訴され、現在公判が開かれています。裁判では、虐待に至った経緯やどのような状況だったのか。小学校4年生という小さな命を奪った真相について、事件の背景や経緯が争点となっています。

小4女児の心愛さんが虐待を受ける

当時小学校4年生だった栗原心愛さんは父親の栗原勇一郎被告に拳で殴られるなど身体的な虐待の他、しつけと称して夜中に立たせられるなど、精神的な虐待を受け続けていました。 母親の栗原なぎさ被告も同居していましたが、栗原勇一郎被告への恐怖から虐待を受けている栗原心愛さんを助けることはできず、結果的に栗原心愛さんが死亡するという最悪の結末を迎えました。