グランドプリンセス号

グランドプリンセス号は、新型コロナウイルスで騒動となったダイヤモンドプリンセス号の姉妹船で、同じように感染拡大が問題となっています。21名の感染が確認され、今後は乗員乗客全員を対象とした検疫が実施される予定です。

乗員乗客合わせて約3500人が乗船

グランドプリンセス号は、アメリカのクルーズ船会社プリンセスクルーズが所有する客船です。乗客は約2400人、乗員約1100人、合計約3500人が乗船しています。 グランドプリンセス号は2月11日から21日までの間、サンフランシスコを出発してメキシコに向かい、サンフランシスコに戻ってくる船旅を行いました。 その後、ハワイ行きのコースで再度出発したのですが、このクルーズの復路で新型コロナウイルスの感染が発覚しました。

21人が感染

グランドプリンセス号では新型コロナウイルスの症状が確認されてから、まず46人を対象とした検査を行いました。そしてその中から乗客2人、乗員19人、合計21人の陽性反応が確認されました。 感染が最初に確認されたのは、カリフォルニア州在住の乗客2人でした。この2人は2月11日から21日に行われた、サンフランシスコ・メキシコ間クルーズに乗船していました。 また今回感染の発覚したハワイへのクルーズに参加せず、下船していた乗客の中にも新柄コロナウイルス感染者が多数いたとのことです。