「いただけます」の意味は「何かをしてもらうよう依頼する」

(画像:Unsplash

「いただけます」は返答や許可を出すときの尊敬語です。 「食べてもよいです」 「してもらってよいです」 というニュアンスを尊敬語として伝える際に用いる日本語です。 しかしながら、とっさの時になかなか「いただけます」という言葉は出てきづらいです。 次の見出しでは正しい「いただけます」の使い方と例文をご紹介します。

「いただけます」の正しい使い方と例文2つ

(画像:Unsplash

「いただけます」を正しいタイミングで使うには、実際の例文を元に言葉のニュアンスを汲み取ることが重要です。 どのような時に「いただけます」を用いるのでしょうか。

「いただけます」の正しい使い方

(画像:Unsplash

「いただけます」は「〜しても良い」という許可を出す際に使います。 許可を出すという行為は、本来は目上の者が目下の人に行うものです。 しかし、飲食店やホテルなどでは店員がお客様に説明をしなければならない瞬間が訪れます。 目下の人が目上の人に指示や教示を行う際に用いられる尊敬語が「いただけます」なのです

「いただけますでしょうか」は二重敬語

(画像:Unsplash

「いただけます」はそれ自体で完結している敬語ですので、続く言葉は不要です。 従って、「でしょうか」などの敬語を付けることは誤りです。 ・「そちらの書類を渡していただけますでしょうか?」 では敬語が二重になってしまいますので誤りです。 使用する場合は ・「そちらの書類を渡していただけますか?」 が正解です。 すっきりして意味も汲み取りやすいです。