メルカリとドコモが業務提携か?

メルカリとドコモの業務提携の可能性はあるのか

  • キャッシュレス決済サービスの拡大を狙うドコモ
  • ポイント還元サービスで疲弊する各社が合併を進める
  • 金融部門が好調、dポイントクラブ会員数7200万人

ポイントサービスでの提携を目指すか?

メルカリの発表によると、ドコモとは具体的な話は進んでいないとしながらも、複数の事業者と協議していることを認めています。 2月3日の日経新聞の報道によると、両社はポイントサービスで提携し、ドコモのdポイントをメルカリのアプリで利用できるようにすることを検討中のようです。 ドコモはライバルのauがPontaポイントを提供するロイヤリティマーケティングと業務提携したことを受け、加盟店獲得のコストを考えるとスマホ決済サービス各社と連携していくことが強みになると判断したようです。

現在協議中であるとしている

ドコモとメルカリは、サービスの共用に向けて関係を深めており、昨年の10月には全国のドコモショップ34店舗でメルカリの利用方法を学ぶ「メルカリ教室」を開催しています。 このサービスは、2020年3月末までにドコモショップ100店舗でおこなう予定で、ドコモ、メルカリ両社で利用者の底上げに繋げたい考えです。 また、決済サービスではメルカリのメルペイにd払いを利用できるサービスも始めており、業務提携が実現すれば、メルカリが買収した「Origami Pay」との3社による巨大勢力が誕生することになります。

スマホ決済のメルペイを持つメルカリ

メルカリは独自のスマホ決済サービス「メルペイ」を提供していますが、加盟店獲得のコスト高に苦しみヤフーやLINEといったライバル企業に遅れをとっています。 メルペイは今年1月にOrigami Payを持つOrigamiを完全子会社化したばかりです。