問題となっているドリフト族

ドリフト族とは自動車や二輪車に乗って公道や港、駐車場などでドライブテクニックを披露するために危険なドリフト走行を行う者達をさす言葉です。彼らの何が問題なのでしょうか。あらためてドリフト族の問題点を整理してみましょう。

北海道から沖縄県まで全国各地でドリフト族は問題に

東京江東区の公道でドリフト走行を繰り返していた5人が逮捕されました。逮捕されたのは「Two Face」というドリフト族でリーダーは内装工の山口竜次容疑者です。彼らはドリフト用に改造した車で暴走行為を繰り返していました。 関西でも京都府の男性ら4人がユニバーサルススタジオジャパン(USJ)近くの工場地帯でドリフト走行などの集団暴走行をしたとして検挙されています。容疑は道路交通法違反(共同危険行為)などでした。 北海道から沖縄まで全国各地でこのようなドリフト族が大きな問題になっています。彼らは運転テクニックを披露するという自己顕示欲からこのような行為を繰り返しており、社会的な問題となっています。

騒音や事故の危険など周辺住民への迷惑

ドリフト走行は自動車や二輪車の走行テクニックの一つです。タイヤを横滑りしながら走行するものでハンドル、ブレーキ、クラッチなどを駆使した非常に高度なテクニックが要求されます。 ドリフト走行には騒音が伴います。ドリフト走行特有のスキール音や大きな排気音です。これは周辺住民にとって騒音被害以外の何者でもありません。 ドリフト走行は一種の暴走行為で、一つ間違えれば塀やガードレース、場合によっては建物に激突することもある非常に危険なものです。巻き込まれる恐れのある一般市民の恐怖感は察してあまりあります。