大戸屋HDの取締役10人が解任へ

1分で分かるニュースの要点

  • コロワイドによる大戸屋への敵対的TOBが成立
  • 取締役11人中10人が解任
  • セントラルキッチン方式の採用と給食事業で再建

コロワイドによる大戸屋への敵対的TOBが成立する見通しであることが9月8日、コロワイドによって発表された。11月4日に開かれる臨時の株主総会で大戸屋の現取締役11人のうち10人が解任される見通しで、コロワイドは大戸屋が反対してきたセントラルキッチン方式の採用と給食事業の展開によって、大戸屋の再建を目指す。

コロワイドによるTOBが成立した大戸屋HD

9月8日、コロワイドは大戸屋に対する株式公開買い付けが成立する見通しであることを発表した。 外食業界において敵対的TOBが成立したのはこのケースが初めてで、このTOBの成立によって大戸屋はコロワイドの傘下に入り、コロワイド主導による再建を目指していくことになる。

取締役11名のうち10人を解任へ

コロワイドは11月4日に開催する臨時の株主総会で、大戸屋HDの取締役11人のうち窪田健一社長を含む10人を解任し、新たに7人の取締役を選出する見込みだ。 コロワイド側は複数の現取締役に続投を打診したが、山本匡哉氏のみが留任を希望したという。 コロワイドによるTOBに対して取締役・従業員一丸となって反対していた大戸屋をこの新たな取締役がまとめつつ改革を実現させていけるかが今後の焦点となる。

新社長はコロワイドの蔵人賢樹氏

大戸屋改革の旗手となるのが新社長に就任する見込みの蔵人賢樹氏だ。 蔵人賢樹氏はコロワイド会長の蔵人金男氏の長男であり、2010年にコロワイドに入社し、2017年よりコロワイドグループの食材調達や加工を行うコロワイドMDの社長も務めた経験がある。 この経験を生かして、大戸屋改革を主導していくことになる。