「amount」の意味は「量」

「amount」は「アマウント」と読む英単語で、意味は名詞で「量」です。「amount」が表す「量」は主にはお金や時間ですが、場合によっては「金額」「総額」「価値」という意味としても使われます。 動詞としての「~に達する」「のぼる」「等しい」という意味もありますが、動詞として「amount」を使う場合も「金額が~に達する」「総額が~にのぼる」などやはりお金について使われることが多い言葉です。

「amount」の使い方

「amount」はビジネスシーンでも多く使われる言葉です。お金や時間などビジネスに直結する内容の会話で用いることができるため、使い方を知っておくと便利です。 以下では特にビジネスシーンで使われることが多い「amount of」「amount to」について説明します。 また「amount」に使う形容詞についても解説します。

amount of

「amount of」とは「~な量」という意味で、ビジネスシーンでは「money」や「time」などと一緒に使われます。 ・No amount of money will make me agree to this. (いくらたくさんの金をくれると言われても、これに賛成することはできない) ・I have any amount of time to spend on my job. (仕事に費やす時間はいくらでもある) いずれの例文も名詞的用法である「~な量」という意味で「amount」が使われています。それぞれお金と時間の量を「amount of」で表していることを押えておきましょう。

amount to

「amount to」とは「~に等しい」という意味です。 ・Your warning amounts to a threat. (あなたの忠告は脅迫に等しい) 「amount」の動詞「のぼる」という意味では「What does it amount to?」(総額はいくらにのぼるのか)」などお金について使われますが、例文のように「~に等しい」という意味でお金に関係しない場面でも多く用いられます。 「~に等しい」という表現は「~と同じだ」「~のようなものだ」などと解釈することもできます。