「清濁併せ呑む」の意味と由来

(画像:Unsplash

「清濁併せ吞む」は、企業や政財界のリーダーを例える場合によく用いられます。 ビジネスでも重要な慣用句ですので、正しい使い方を例文を交えて解説いたします。

「清濁併せ呑む」の意味は「良いことも悪いことも受け入れる度量の大きさ」

「清濁併せ吞む」は「良いことも悪いことも受け入れる度量の大きさ」を表す慣用句です。 「清流も、濁った川もどちらも受け入れて吞みこめるほどの大河」を表した慣用句で、器の大きな心の広い人物を意味します。 また、難易度の高い漢字が使用されているので、読み書きで誤りが無いように注意が必要です。 「清濁併せ吞む」の読みは「せいだくあわせのむ」になります。 「のむ」は「飲む」ではなく「吞む」で、非常に間違いやすく注意が必要です。 濁は濁流などに使われますが、書き慣れない漢字ですのでこちらも注意しましょう。

「清濁併せ呑む」の由来は『史記』

「清濁併せ吞む」の出典は明確ではありませんが、中国の歴史書「史記」(著:司馬遷)に以下のような一文があります。 「史記」の「酷吏列伝」に「法令は治の具にして制治清濁の源に非ず」 これが類似しているため、由来とされています。 「法令は世の中を統治するものであり、良し悪しを決定するものではない」という意味にあたります。

「清濁併せ呑む」の使い方と例文

(画像:Unsplash

「清濁併せ吞む」は古文調であるため、慣れないと使いづらい慣用句です。 ここで、使い方と例文を紹介いたします。正しく使えるようにマスターしましょう。