1分でわかるタマム シュッド事件

ニュースの要点

  • 1948年オーストラリアの海岸で、身元不明の男性の遺体が発見される
  • ポケットから「タマム シュッド」と書かれたメモが見つる
  • 懸命に捜査したが身元特定に至っていない

タマム シュッド事件の概要

(画像:Unsplash

1948年12月1日に、オーストラリアで男性の遺体が発見されたことから始まりました。その後オーストラリア警察が大掛かりな捜査を行いますが身元特定に至らず、外国政府機関に協力を求めたことで広く知られるようになりました。しかし、結局身元は特定できず事件は迷宮入りします。 ここでは「タマム シュッド事件」の概要について、詳述します。

身元不明の男性の遺体(通称ソマートン・マン)が海岸で発見される

1948年12月1日の6時30分過ぎに、オーストラリアのアデレードにあるグレネルグのソマートン公園の海岸付近に男性が横たわっているのは発見されました。すぐに通報を受けた警察官が到着し、男性の死亡が確認されます。 その男性は夏にも関わらずスーツにネクタイ姿で、防波堤代わりの石を枕にした状態で亡くなっていました。所持品では身元を特定できず、行方不明リストにも該当者はいません。その後歯科での診療記録も調べましたが、身元の特定には至りませんでした。 そして身元不明の男性は発見場所であるソマートン・ビーチにちなんで、「ソマートン・マン」と呼ばれるようになります。

ソマートン・マンのズボンから「タマム シュッド」と書かれた紙が発見される

海岸で発見されたソマートン・マンの身元を特定するため、オーストラリア警察は所持品を調べました。 当時見つかったソマートン・マンの所持品は「アデレードからヘンリービーチへの未使用の鉄道乗車券」「アデレードからグレネルグまでのバス乗車券」「チューイングガム」「マッチ」「アルミ製の細い櫛」「アーミークラブタバコ」などです。 司法解剖のため運ばれた後で、ソマートン・マンが着用していたズボンの奥に隠しポケットが縫い付けられていたことがわかります。そこに入っていたのは「タマム シュッド」と書かれた、小さな巻紙でした。