泡沫とは

泡沫

泡沫(画像:Unsplash

「泡沫」という言葉は日常生活の中ではあまり目にすることや、聞くこともありません。使用頻度は非常に低いですが、小説などの文学的な文章で使われることはあります。 この記事ではそんな「泡沫」の類義語や使い方も紹介しますが、まずはこの見出しで基本的な意味や読み方を抑えましょう。

泡沫の読み方は(うたかた)

「泡沫」は「うたかた」と読みます。それぞれの漢字の読み方は「泡」は音読みは「ホウ」、訓読みは「あわ」です。そして「沫」は音読みでは「マツ」、訓読みでは「あわ」となります。 「泡沫」を「儚い」という意味で使う場合は「うたかた」と読みます。一方で「泡沫」を音読みを併せて「ホウマツ」と読む場合は「水しぶき」のことを言います。読み方によって意味が変わるので、しっかり特別して覚えておきましょう。

泡沫の意味は「儚い」

「泡沫(うたかた)」は「儚い」と言う意味です。「泡」は「あわ」のことで、「沫」は「飛び散る水のしずく」や「水しぶき」のことを言い、どちらの漢字もすぐに消えてしまう「あわ」などのことです。 もともと「泡沫」は「ホウマツ」と読み、「水に浮かんでいる泡」のことを言っていましたが、その「あわ」が「弱々しく消えてしまい、弱々しい様子」を捉えて「儚い」という比喩表現で使われるようになりました。

泡沫の類語・対義語・英語

類語・対義語・英語表現

類語・対義語・英語表現(画像:Unsplash

「泡沫」は読み方によって、意味が変わるということを紹介しました。文脈や使われている状況に応じてどちらの意味で使われているのかを区別していく必要があります。 この見出しではその「儚い」という意味で使う場合の類義語・対義語と「儚い」という意味で使う場合の英語表現を紹介します。