理路整然とは

理路整然

理路整然(画像:Unsplash

「理路整然」という言葉には、硬いイメージがあるでしょう。ですが、それだけではなく深い意味があることにも注目してみてください。 普段は使う機会があまりなくても、詳しくなることによって正しく使いこなせるようになれる言葉です。ぜひボキャブラリーの中に加えて、スムーズに使えるようにしてみてください。

理路整然の読み方は「りろせいぜん」

「理路整然」は「りろせいぜん」と読みます。どれも特に難しい漢字ではないため、読みにくいということはないでしょう。 「せい」と「ぜん」が連続しているところに違和感を抱くことがあるかもしれませんが、この場合の「然」は「自然」の「ぜん」と同じ読み方をしていると考えてください。

理路整然の意味は「考え、話などの筋道が通っているさま」

「理路整然」の意味は、「考え、話などの筋道が通っているさま」です。間違っておらず、まっすぐであるというイメージが正しいでしょう。 考えていることや話を相手に伝える時などに、脇道に逸れることなく、またわかりやすく、すっきりと丁寧に話すことができるというのも「理路整然」としているという意味に当てはまります。 「理路整然」とは、ひとつの考え方を進むことができるという意味なのです。

理路整然の由来

「理路整然」は、「理路」と「整然」の2つの言葉に分けることができます。 「理路」は物事や話の筋道という意味を持っており、「理」にも「路」にも、それぞれ「おさめる」「ととのえる」といった意味があります。「整然」は、「秩序が正しく整っている様子」を表しています。「整」にも「ととのえる」という意味があり、「然」には「そのとおり」という意味があります。 これらから、「理路整然」の意味が出来上がります。