副大統領も感染

新型コロナウィルスの感染は一般市民のみにおさまりません。イランのエブテカール副大統領もコロナウィルスに感染してしまい、現在公務を休む状態となっています。政治家は多くの一般人とコンタクトをとる機会が多いため、コロナウィルスに感染してしまうリスクが高いです。 副大統領のみならずイランの宗教上の最高指導者ハメネイ師の側近も新型コロナウィルスに感染したと報道されています。ハメネイ師がコロナウィルスに感染したとなると、イラン国内の統制がとれなくなることも懸念されます。

死者数情報の隠蔽疑惑も

イラン政府の公式発表では死者数は70人程とされています。ただ爆発的な感染者数の増加を踏まえると、発表されている人数以上の死者が出ている可能性があります。 イランはイスラムの教えを法としている政教一致国家です。独裁とまではいきませんが政治的に非民主的な部分もあるために、情報が隠蔽されていることも十分考えられます。 ただ死者数が増加してくれば隠蔽することは徐々に難しくなってきます。イランから正確な情報が発覚するのも時間の問題といえます。