バッファとは

(画像:Unsplash

「バッファ」は緩衝材と言う意味であり、IT業界では「保存領域」と言う意味で使われています。 今回は「バッファ」の具体的な意味や言葉の使い方について説明します。

バッファの基本の意味は「緩衝、余裕」

バッファは基本的に「緩衝、余裕」と言う意味で使われます。 バッファは日本語では「緩衝」に当たる言葉であり、「モノとモノとの間に、クッションのように柔らかいモノを挟み入れることで、衝撃を和らげる」と言う意味がありました。 また、バッファは「余裕」と言う意味でも使われています。 ビジネスでは、特にこの「余裕」と言う意味で用いられており、スケジュールにゆとりを持たせたり、必要以上の人員を補充したりする際によく使われます。 さらに、バッファはIT業界では「データを一時的に保存するためのメモリ」と言う意味で使われています。

バッファは英語のbufferに由来する

バッファは英語の「buffer」に由来します。 「buffer」はもともと「何かを障害から守る人やモノ」と言う意味があります。 元々は敵の侵入を防ぐための防壁や病気にならないための予防などに対して、「buffer」が使われていたようです。 それが転じて、「緩衝材」と意味を持つようになりました。 さらにそれが転じて、ビジネス用語での「余裕」、IT業界での「一時的に保存するためのメモリ」と言う意味になりました。

バッファの使い方と例文

(画像:pixabay

バッファと言う言葉は場面によってさまざまな使い方がなされます。 ここでは、バッファの使い方と例文について紹介します。