南雲忠一という人物

南雲忠一とは

  • 南雲忠一は日本海軍の軍人で1944年3月に第一航空艦隊司令長官として着任
  • ミッドウェー海戦で空母4隻を失う
  • サイパン島守備軍を率いたが玉砕し自決

南雲忠一の人生

1887年3月25日に山形県に生まれた「南雲忠一」は1905年に海軍兵学校に入校し優秀な成績で卒業しました。そして海軍少尉候補生として、軍人としてのキャリアをスタートします。 ここでは軍人を志してからサイパンで自決を果たすまでの「南雲忠一」の人物像に迫ります。

南雲忠一は将来有望な海軍として海軍学校を卒業

南雲忠一は1905年米沢尋常中学興譲館を卒業し海軍兵学校36期に入校します。 在校中には2回学術優等賞を授与されるほど成績優秀だったといいます。1908年に海軍兵学校を卒業する時には36期191名中、成績は5番目でした。 1918年12月1日に海軍大学校に甲種18期生として入校し、1920年には次席で卒業しています。そして同年12月1日には、海軍少佐に昇進しました。

卒業後に艦隊派として軍の縮小に反対する活動をした

1930年当時の日本海軍はロンドン海軍軍縮条約を締結したことで、海軍省寄りの条約派と軍令部よりの艦隊派が対立していました。 南雲忠一は艦隊派の論客として、軍縮条約締結並びに軍の縮小に反対する活動を行っています。 そのため1933年にはロンドン海軍軍縮条約から日本が脱退することを求めて、連合艦隊の各艦長並びに航空隊指令たちから署名を集めたこともあったそうです。