手取り25万円の場合の年収・月収の額面や適切な家賃・貯金額など紹介します!

経済

2019年6月22日

手取り25万円は一般的な給与であると言うことができます。今回ビジキャリでは手取り25万円の場合の年収や額面、適切な家賃や貯金額について紹介します。手取りがだいたい25万円なら、ぜひ本記事を参考にお金の使い方を見直してみてください。新たな発見があるかもしれません。

手取り25万円の年収と月収の額面

手取り25万円の場合の年収はいくらぐらいになるのでしょうか。手取り金額は月収から税金や社会保険料などが天引きされたものです。 家賃や食費、交際費に貯蓄などの支出を考えるには、まず自分がいくらくらい使えるのかをきちんと知っておく必要があります。年収や月収と手取りの違いを正確に把握しておきましょう。

手取り25万円でかけられる家賃

毎月の支出のうち一般的に最も金額が大きいと考えられるのが家賃です。手取り25万円の場合の家賃額はどのくらいが相場なのでしょうか。 収入に対して高すぎる家賃では生活が厳しくなります。かといって低すぎても通勤の便や治安など生活の質が落ちます。手取り25万円でかけられる家賃はいくらなら妥当なのでしょうか。 【関連記事】手取り25万の家賃についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

手取り25万円の貯金、車、養育費にかけられる金額

家賃や食費、光熱費などは生活をしていく上で欠かすことができない支出です。これらの支出はゼロにすることは難しいですが、できる限りムダを省いて減らしたいところです。 浮いたお金で趣味や車にお金をかけたり、将来への貯金ができれば理想的です。手取り25万円ならどこまで貯金や車にお金をかけて良いのでしょうか。

手取り25万円の年齢

大卒の初任給の平均は厚生労働省の「平成28年度賃金構造基本統計調査」によると20万3,400円です。これは総支給額であって、実際の手取り額は17万円ほどになります。 大卒の22~23歳で手取りが17万円程度と考えると、手取り25万円は社会人としてそれなりに経験を積んでいることが想像できます。 【関連記事】手取り25万の年齢についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

手取り25万円の一人暮しの場合と結婚した場合

結婚を考える時に、気になるのものの一つがパートナーの収入です。もちろん収入が全てではありませんが、お金のことでもめがちなのも事実です。 そこで手取り25万円の人と結婚するとどんな生活になるのかをイメージしておくとよいでしょう。金銭感覚や生活スタイルは収入によって左右されるためチェックが必要です。

手取り25万円の仕事・職業

手取り25万円であれば年収はおおむね400~500万円程度です。国税庁の「民間給与実態統計調査」によると年収の平均は約420万円です。 手取り25万円は平均か、それよりもやや多いくらいだといえます。業種や会社の規模によって給与体系や将来性も変わってきます。将来の展望への参考にしてみてください。 【関連記事】手取り25万の仕事・職業・職種についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

まとめ

手取りがいくらであれば、家賃や貯金がどのくらいできるのかを知っておくことはとても大切です。多くの人がどんぶり勘定になっています。 手取り25万円に対しての適正な支出をもとに今後のライフプランを立ててみましょう。結婚するとどうなるか、子どもは何人か、など計画によって手取りをあげていくことを考える必要もあります。


関連記事