比翼連理(ひよくれんり)の意味は「男女の仲がとても良いことを表す」

比翼連理の意味

比翼連理の意味(画像:Unsplash

「比翼連理」は「ひよくれんり」と読む熟語ですが、「男女の仲がとても良いこと」という意味があります。 恋人同士よりも、「夫婦仲」が良いことを言う時によく用いられます。

比翼連理(ひよくれんり)の使い方と例文

比翼連理の使い方と例文

比翼連理の使い方と例文(画像:Unsplash

次の見出しでは「比翼連理」の使い方をいくつか説明していきます。 3つの代表的な表現を例文を交えて主な使用方法を紹介しますので、参考にしてみてください。

比翼連理は結婚式でよく用いられる

「比翼連理」という言葉は、結婚式のスピーチで使われることが多いです。先述の通り、「比翼連理」は夫婦仲が良い様子を表現する時に使われる四字熟語なので、結婚式で「仲睦まじい夫婦」になることへの願いを表現する時に使われます。 実際に結婚式では、披露宴などで新郎新婦に向けて友人や職場の先輩などが「比翼連理な夫婦になることを願っています」と言うことがあります。

例文①比翼連理の契り

まずは、「比翼連理の契り」という表現について説明していきます。 ・3年前に比翼連理の契りを交わしてから、順風満帆な夫婦生活を送っている。 「比翼連理の契り」とは「男女が深い関係になることを約束する」という意味で、平易に表現すれば「婚約」や「結婚」のことです。「契り」とは「契約を結ぶ」ということです。