アシアナ航空を現代産業開発とコンソーシアムが買収へ

アシアナ航空が企業連合の標的に

  • 経営難が続くアシアナ航空・現代産業開発グループが買収提案
  • 現代産業開発グループが子会社を含め経営権を取得する見込み
  • 免税店との相乗効果で経営再建を狙う

【関連記事】ユニゾHDのTOBの行く末とは?

12日の取締役会で決定

筆頭株主である錦湖産業は、12日の取締役会後に現代産業開発のコンソーシアムに決定したと発表しました。 アシアナ航空の買収を巡っては、チェジュ航空を傘下に収める愛系グループとストーンブリッジ、アクティビスト(物言う株主)として知られるファンドKCGIとバンカーストリート、証券会社未来アセット大宇と現代産業開発の各コンソーシアムの3陣営が手を上げていました。 航空会社に関連しない現代産業開発に決定したことにより、アシアナ航空は独立したエアラインを存続できる可能性が高まりました。

売却額は2兆5000億ウォン程度か

現代産業開発グループは2兆5000億ウォン(日本円で約2340億円)程度で本入札に応札したとみられ、愛敬グループが提示した1兆7000億ウォンに大きく差をつけていました。 これで3陣営のうちもっとも高い買収価格を提示し、他を圧倒していた現代産業開発グループの選定が有力視されていました。 今後の本交渉では、価格を抑えたい現代産業開発グループに対し、出来るだけ高く売却したい錦湖産業の間で旧株、新株の価格等の条件を巡る駆け引きが続くと思われ、市場関係者の注目を集めています。

アシアナ航空子会社のLCC6社の経営権も取得

現代産業開発グループは錦湖産業が保有する6868万8063株のアシアナ航空株(旧株、発行済み株式数の31.0%)とアシアナ航空が発行する(新株、普通株式)を取得する見込みです。 これによって、アシアナ航空子会社が運航しているLCCのエアソウルとエア・サプライを含める6社の経営権もまとめて取得することになります。 6社をまとめて売却することを原則としていますが、今後の交渉次第では一部の子会社を個別に売却する可能性もあるとされています。

【関連記事】ルイビトンがティファニー買収か?