1分でわかるテネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故とは

  • 滑走路で飛行機2機が衝突
  • 乗客乗員のほとんどが死亡
  • 世界中の航空会社でも墜落事故が起こっている

「テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故」とは、2機の航空機が同じ時に滑走路に侵入してしまい爆発・炎上した悲惨な事故です。 霧のために視界が悪かったこと、コミュニケーションがうまくいかなかったことなど原因は多々ありますが、この事故で乗客乗員あわせて500人以上が亡くなっています。また、日本やマレーシアなどでも類似した悲惨な航空機事故が発生しています。

テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故の起きた経緯と原因

事故を起こした2機の航空機は近くの別の空港へ着陸する予定でした。しかし虚偽のテロ騒動による空港閉鎖で近くにあったテネリフェ空港へ退避していました。 この小さな空港から離陸時に2機の航空機は衝突事故を起こすことになるのですが、衝突までの経緯や原因などを順番に見ていきましょう。

グラン・カナリア空港でのテロ予告の影響で多くの航空機がテネリフェ空港に退避

グラン・カナリア空港へ着陸予定だった2機の航空機は着陸予定の空港にテロ予告があったため、ほかの多数の航空機同様近くのテネリフェ空港へと退避しました。 2機のうちの1機であるPAA1736便は燃料に余裕があったため、直ぐにはテネリフェ空港に着陸せず管制塔に旋回待機を求めました。 しかし管制塔からはテネリフェ空港へ退避するよう求められ、指示に従い着陸しました。

テネリフェ空港には事故が起きた際多くの航空機が待機し給油など行なっていた

テネリフェ空港には待避してきた多くの航空機がひしめき合っていました。2機のうちのもう1機であるKLM4805便はPAA1736便よりも早く着陸して、他の多くの航空機と同様給油をしていました。 グラン・カナリア空港におけるテロは誤報であることが判明し、空港閉鎖が解除されたため、2機の航空機はテネリフェ空港を離陸しようとしました。 PAA1736便は燃料の補給は必要なく飛び立てる状態でしたが、給油中のKLM4805便が邪魔になり離陸ができず、給油が終わるまで滑走路の近くで待機することになりました。