ヤフーとLINEが経営統合へ

ソフトバンクがネイバーに経営統合を提案

  • ヤフーとLINEが経営統合の交渉中とメディアが報道
  • ネットショップ・電子決済などの分野で世界大手企業に挑戦
  • 両社の売上を合わせて楽天超えも視野に

【関連記事】レオパレスの経営不振。ソフトバンクGに関係あるOYOが買収か?

両社からの発表はない

複数のメディアがヤフー広報部に確認したところ「現在事実を確認中で、こちらから申し上げることはできない」との回答でした。 また、LINE広報部もヤフー同様に「そのような事実は確認しておりません」とコメントしています。 しかし、LINEの親会社にあたるNAVER(ネイバー)の慎ジュンホ取締役CEO(グローバル責任者)が、このところ頻繁に来日していることから、経営統合する可能性は高いとみられています。 またLINE株式会社取締役の舛田淳氏がTwitterで経営統合の検討はしているものの、決定している事実はないとしています。

共同出資会社の設立か

報道されているとおり経営統合が実現した場合、ソフトバンクとネイバーが50%ずつ出資して共同出資会社を設立し、Zホールディングスが筆頭株主になるとみられています。 そうなった場合は、ヤフー、LINEの両社がZホールディングスの傘下に入ることになりますが、「ヤフー」「LINE」のブランドは残すことが検討されているようです。 ただ、経営統合については両社の経営陣からもメリットに懐疑的な意見が出ており、今後の行方は不透明であるとして市場関係者は静観しています。

経営統合による目的やメリットは

ヤフーはLINEとの経営統合により顧客のビックデータを生かした国内のEC(electronic commerce)市場の拡大を考えているようです。 一方、LINE側はスマートフォンを使った送金などFinechの領域の強化を更に進めたい考えているようで、「LINE銀行」の開設も目指しているといわれています。