1分でわかる金正男

金正男の暗殺事件を徹底解説

  • 金正男は金正日の息子・諜報活動の責任者に
  • 後継者争いに巻き込まれ自国を離れる
  • クアラルンプール国際空港で猛毒ガスによって暗殺される

金正男は1971年、北朝鮮の金正日と女優・成蕙琳の下に平壌で生まれました。金正日の最初の妻が生んだ息子でしたが、一族の権力争いもあり一時は事実上の幽閉生活を送っていました。 復権後は海外に留学し、将来の指導者として嘱望されていましたが一族世襲の国家統治に疑問を抱くようになります。金正恩との確執が噂されるようになりマレーシアの空港で暗殺されました。

金正男の経歴

金正男は一時北朝鮮を離れスイス・ジュネーブのインターナショナルスクールなどでコンピューター技術、IT技術のための研究・開発を学びます。 帰国後は国営の研究・開発機構(諜報部隊)である「朝鮮コンピューターセンター」の創設に関わったとされています。のちに100人規模の精鋭部隊により編成された専門部隊の創設にも関わっています。彼の出自から暗殺されるまでの経緯をみていきましょう。

金正日の息子として生まれた

1971年金正男は金正日と女優の成蕙琳との間に生まれます。金正日と成蕙琳は不倫関係にあり、内縁の妻とされていました。 金正男は一族の権力抗争にまきこまれ一時平壌に幽閉されます。金正日の妹の金敬妃のとりなしによって金日成との関係も修復され、金日成は初孫である正男を寵愛するようになっていきます。 そのことを物語るエピソードとして、1994年に訪朝した当時の米大統領ジミー・カーター元大統領にも金正成は「自分が一番愛する孫だ」と彼のことを紹介しています。

スイスのインターナショナルスクールを卒業後ジュネーブ大学に入学

1971年にはスイス・ジュネーブのインターナショナルスクールへと留学します。インターナショナルスクールでコンピューターに触れたことがきっかで、その技術や将来性を肌で感じました。帰国後にはコンピューター委員長に17歳の若さで就任します。 1990年には、その知識を生かしてコンピューター技術、IT技術の研究を行い監視や盗聴、ハッキングなどを担当する「朝鮮コンピューターセンター」の創設に関わりました。 1990年には米軍の暗号解読のための「サイバー軍団」も創設します。