1分でわかる日本会議

日本会議

  • 日本会議は安倍晋三首相も関わっていると噂の民間保守団体
  • 日本会議は森友学園問題から注目されるようになった
  • 日本会議は生長の家とも関係

「日本会議」は極右といわれることもある、民間の保守団体です。「日本会議」は森友学園問題で注目が集まり、安倍内閣に影響を与える組織として関係が疑われるようになりました。 日本会議は『日本会議の研究』という書籍では、さらに宗教団体「生長の家」との関係が明るみとなって、マスコミや関係各所で波紋を呼びました。

【関連記事】政治に関わる記事はこちら

日本会議の正体

「日本会議」には政財界のトップ、文化人、宗教家など多様な人々が参加し、日本の将来に向けた活動を行っています。 「日本会議」は関連団体に自民党員が多数参加する議員連盟があり、安倍政権との関係が取り沙汰されています。「日本会議」がどういった団体なのか、成り立ちやメンバーなどをご紹介していきます。

日本を守る会と日本を守る国民会議が合併した右派団体

「日本会議」は全国に草の根ネットワークを持つ右派の保守系団体です。1997年に「日本を守る会」と「日本を守る国民会議」が合流することで誕生しました。 「日本を守る会」は反共産主義の神道及び仏教関係者による民間団体で、「日本を守る国民会議」の方は政財界、文化人、旧日本軍関係者を中心とした保守団体でした。 「日本会議」は約4万人の会員を抱える日本最大級の保守団体ですが、政治団体ではないため詳しい内情は不明とされています。

憲法改正などを目指す

「日本会議」は美しい日本の再建と日本の伝統的文化の尊重を活動理念としており、以下のような政策を推し進めています。 ・男系天皇の存続 ・愛国教育 ・新時代の憲法制定 「日本会議」はこの中でも憲法(特に憲法9条)の改正に力を入れているようです。他には世界平和への貢献や、いじめ・自殺・非行を防ぐ社会への取り組みも行っていますが、「日本会議」は総じて右翼的な方針が目立っています。