三鷹事件とは

第二次世界大戦後、連合国軍の占領下にあった日本で起こった日本国有鉄道にまつわる事件が立て続けに起こりました。「三鷹事件」もその一つで、無人列車が暴走して起こった脱線事故のことです。 ここでは「三鷹事件」とはどんな事件だったのかについて、説明します。

鉄道三大事件の一つ

「三鷹事件」は、1949年7月15日に起こった日本国有鉄道三大事件の一つです。同年7月6日に起こった「下山事件」、同年8月17日に発生した「松川事件」と共に鉄道三大事件と呼ばれています。 鉄道三大事件が起こった背景には、当時の国鉄が約10万人にのぼる人員整理を進めようとしていたことがあります。その際に人員整理の対象とされたのが、共産党員とその支持者です。当時の国鉄労働組合の組合員には、共産党員が数多くいました。

無人列車が脱線、追突した事件

「三鷹事件」は、1949年7月15日の夜に起こりました。国鉄三鷹駅の車庫から突然、63系電車4両を含む7両編成無人列車が暴走し下り1番線に進入したのです。暴走列車の時速は60㎞程度で、スピード止めに激突し車止めを突き破って脱線しました。 脱線した列車は線路脇にあった商店街に突っ込み、民家や交番に衝突してから転覆しました。その結果、商店街の利用客や通行客が巻き込まれ、死者6名・負傷者20名を出す大惨事となったのです。

三鷹事件の概要

「三鷹事件」は、鉄道三大事件の一つである「下山事件」から日をおかずに実行されました。2つの事件が起こる直前であった1949年7月4日には、下山国鉄総裁が3万人もの従業員に対し解雇通告していました。 ここでは「三鷹事件」がどんな理由で起こったのか、その概要を説明します。