改善策③信頼される努力をする

改善策の3つめは自分が信頼される努力をすることです。その近道は与えられた仕事を丁寧・正確に行うことでしょう。 また相手との関係がどうであろうと報告・連絡・相談等の業務報告は必ず徹底します。誰に対しても分け隔てのない態度を取り続けれることで周囲からの信頼を得やすくなります。 さらに何か困っている人がいる時は「お手伝いできることはありますか」と声をかけるよう意識しサポートすると、周囲のあなたに対する評価が変わるはずです。

改善策④相手に対する見方を変える

改善策の4つめは相手に対する視点を変えることです。上司や同期・同僚と反りが合わないと感じている時、相手の人間性を否定する感情を持ってしまいがちです。 そこで自分のストレスとなっている上司や同期・同僚を見る時、その行動に着目します。例えば上司に嫌味を言われた時「何故こんな言われ方をしなければならないのか」と考えるのではなく、「普通に注意してもらうためにはどんな働きかけをすべきか」と視点を変えます。相手の立場に立つと、新たな気づきもあるはずです。

改善策⑤割り切って考える

改善策の5つめは職場の人間関係について割り切って考えることです。上司や同期・同僚、部下は縁あって一緒に働いていますが自ら望んで築いた人間関係ではありません。民間企業の目的は営利追求であり、その目的を果たすための役割を担っているにすぎません。 そう考えると上司や同期・同僚、部下と友人のような関係を築く必要がないことがわかります。相手に失礼にならない程度にビジネスライクに接するという選択もあります。

あなたは大丈夫?相手にストレスを与えていることも

(画像:Unsplash

人間は対人関係で問題が起きると原因や責任を自分ではなく相手に求めがちです。しかし客観的に考えると、自分に原因があるケースも少なくありません。そして自分の行動に気をつければトラブルの火種を避けることもできます。 そこで職場の人間関係を良好に保つために自分が注意すべき行動について説明します。