ストレス④取引先

仕事がらみの人間関係は職場内にとどまりません。取引先の担当者が大きなストレスになるケースも多々あります。 ・担当者が変わって取引先との関係が悪化した ・取引先の担当者と反りが合わない ・取引先と信頼関係を築けない ・取引先の担当者からハラスメントを受けている 取引先との人間関係は自分の気持ちだけでなく、会社の利害関係の問題で対処しにくいこともストレスの要因といえます。

ストレスを改善するには?

(画像:Unsplash

職場の人間関係につまずくと大きなストレスを感じる人が多いです。しかしその原因は相手だけにあるとは限りません。悪化した人間関係を修復したいなら自分の物事の捉え方・考え方を見直す柔軟性を持つ必要があります。 そこで悪化した人間関係を改善に導く、自分ですぐに始められる改善方法について説明します。

改善策①挨拶をする

改善策の1つめは自分で人間関係を良好にするための努力を始めることです。すぐに始められることに「挨拶」があります。上司や同期・同僚・部下を問わず挨拶をしましょう。 ここで覚えておいてほしいのは朝と帰りだけ挨拶すればよいというわけではないことです。廊下ですれ違う時の「お疲れさまです」や、誰かが何かしてくれた時の「ありがとう」が人間関係の潤滑油になります。日ごろから意識して実践しましょう。

改善策②相手の話を聞く

改善策の2つめは、相手とコミュニケーションを図る努力をすることです。その場合自分の考えを伝えることを優先しがちですがそれだけでは足りません。相手の話をきちんと聞く習慣を持たないと対話にならないからです。 自分の意見を主張し合うだけの対話では人間関係を改善することはできません。自分が相手を理解し、相手にも自分を理解してもらえるよう対話の中で折り合いをつける努力が必要です。