職場の人間関係にストレスを感じる時

職場で感じるストレスの要因はさまざまです。その大半を占めるのが「職場の人間関係」でしょう。職場の人間関係と一口にいっても対象者が多いため、対処するためには具体的な要因を見つける必要があります。 そこで、職場の人間関係でストレスを感じることの多い対象者について説明します。

ストレス①上司

職場の人間関係におけるストレス要因といえば、「上司」を連想する人が多いはずです。具体的には、上司との関係悪化が問題だと考えられます。よくいわれる具体的な原因は以下の通りです。 ・上司が高圧的で苦手 ・上司から常に叱責される ・上司に不満がある ・自分の言いたいことが上司に伝わらない 上司の人間性の問題だけでなく、相性の問題で関係が悪くなることもストレスの要因です。

【関連記事】パワハラに関してはこちら

ストレス②部下

上司の立場になると部下がストレスというケースが増えます。その理由もさまざまです。 ・部下が与えられた仕事をきちんとこなさない ・部下が素直に話を聞かない ・部下が自分に敵意を持っているように感じる ・部下が組織の輪を乱している ・部下との信頼関係が築けない 部下の仕事は上司自身の査定に関わるケースが多いこともストレスにつながる要因でしょう。また部下との頻繁な衝突で精神的に消耗するケースもあります。

ストレス③同期

会社の規模が大きい場合、同期や同僚との人間関係に悩むケースも増えます。具体的な原因には、以下のものがあります。 ・同期や同僚が仕事をしない ・同期や同僚との距離が近すぎる ・同期や同僚と仕事に対する価値観が合わない ・同期や同僚とのコミュニケーションがうまくいかない かかわることの多い同期や同僚との関係悪化は、業務効率や仕事における質の低下につながる可能性が高まるのもマイナスです。