1分でわかるKDD事件

1分でわかるニュースの要点

  • KDD社員が組織ぐるみの密輸
  • 板野学社長は辞任に追い込まれる
  • 政界を巻き込む大騒動で衆議院が解散

国際電信電話株式会社(KDD)

KDD事件

KDD事件(画像:Unsplash

「KDD」とは、正式名称を「国際電信電話株式会社」といい現在の「KDDI」のことを指します。「KDD」は1953年に日本電信電話公社から分離独立しました。 「KDDI」と聞くと、馴染みがある人も多いでしょう。「KDD」は、その「KDDI」の前身となる会社だったのです。「KDD」はこのように長い歴史を持つ会社でした。

KDD事件の概要・経緯

KDD事件

KDD事件(画像:Unsplash

「KDD事件」とは1979年に起きた汚職事件であり、密輸事件でもあります。 KDDの社員が2名が摘発されるだけではなく社長の板野学氏の辞任や政界にも大きな影響を与えました。

1979年10月2日にKDD社員2名が成田空港で摘発

「KDD事件」では、1979年10月2日にKDDの社員2名が成田空港において摘発されました。この2名はモスクワを訪問していた板野学社長に同行しており、成田空港にはロンドン経由で到着していました。 この2名を税関で取り調べると、持ち物の中から数千万円の高級なネックスレスやブローチなどが発見され、密輸がおこなわれていたことが判明しました。その後の調べで、この密輸が何度も繰り返されていた組織ぐるみのものであったこともわかりました。