タスクフォースをつくるメリット

メリット

メリット(画像:Unsplash

タスクフォースは会社として緊急を要する課題を解決するために編成され、通常の組織構造のまま営業するのに比べて様々なメリットが得られます。 ここではタスクフォース編成による「緊急度の高い課題解決」「イノベーションの可能性」「幹部候補の育成」という3つのメリットをご紹介します。

タスクフォースのメリット①緊急度の高い課題を解決できる

タスクフォース編成の第1のメリットは「緊急度の高い課題を解決できる」ことです。 これ自体がタスクフォース編成の目的ですが、通常の縦型の組織編成では部署をまたいだ情報交換やタスクの引き継ぎの際に、社内SNSやメールなどを使ったコミュニケーションが行われます。 一方で、タスクフォースが組まれると各部署の従業員がその場でリアルタイムに意見を言い合えるのでタスクの実施・完了までの速度が速まります。

タスクフォースのメリット②イノベーションの可能性がある

タスクフォース編成の2つ目のメリットは「イノベーションの可能性がある」ということです。 タスクフォースの第一の目的は喫緊の課題解決ですが、タスクフォースに招集される人材は高い能力を持つため、それぞれの知見を活かして新しい価値を生み出す可能性もあります。 またタスクフォースの活動を通して各部署内に蓄積されたノウハウが共有されることもあり、活動終了後の各部署で業務が改善するなどの効果も見込めます。

タスクフォースのメリット③幹部育成が出来る

タスクフォース編成の第3のメリットは「幹部育成が出来ること」です。 通常の組織編成の中でも幹部候補社員のスキルアップは十分可能ですが、管理業務を共に行う従業員には他部署の動きや他部署との連携を考えた意思決定が求められます。 そのイメージをしてもらうためにはタスクフォースに参加してもらうことで、他部署の人が何を考えながら日々の業務に取り組んでいるかを知ってもらうのは良い機会になります。