タスクフォースとは

ビジネスシーンでは社内のあらゆる課題を効率的に解決するために、部署をまたいで課題解決のために能力を発揮できる人材が集められることがあります。 この記事ではその例と考えられる「タスクフォース」について、その言葉の意味や具体的な事例を通して説明していきます。

タスクフォースはビジネスの課題を解決すべく設置される期間限定の組織

「タスクフォース」とは「ビジネスの課題を解決すべく設置される期間限定の組織」です。 普段は営業部・経理部・マーケティング部・経営企画部など各部署で仕事をしている人が、社長など経営陣の命令によって特定の課題を解決するために招集されることがあります。 こうして集められた期間限定の組織を「タスクフォース」と呼び、与えられた課題が解決されるとその組織は解散され、集まった人材も通常業務に戻ります。

タスクフォースの語源は軍事用語

タスクフォースはもともと戦争や軍事のシーンで使われていた言葉で、日本語では「機動部隊」と呼ばれます。 この日本語からも分かる通り、タスクフォースは多くの場合緊急性を要する課題解決のために組まれることが多いです。 従来の縦割りの組織では対応しきれない課題が発生していたり、その課題に対しては通常よりも部署間のタイムリーなコミュニケーションが必要とされている場合が多いです。

タスクフォースを用いた例文

タスクフォースは従業員からすると突然の指示として耳にすることがあります。 ・自社の商品ラインナップ見直しのタスクフォースに編入したので参加して下さい。 タスクフォースへの参加が求められる人材は、部署内で高い成果を挙げていて他部署との横断的なコミュニケーションが出来るだろうと見込まれる人の場合が多いです。タスクフォースへの参加要請が来たら喜んで参加して、あなたの実力を存分に発揮しましょう。