ミッションとは

現代社会において「ミッション」には主に二通りの意味・使い方があります。キリスト教に関連した使い方とビジネスや軍事に関連した使い方です。キリスト教に関連した使い方が先にあって、それがビジネスや軍事作戦などにも広く使われるようになりました。 まずは「ミッション」の意味から見ていきましょう。

ミッションの多用される意味は「使命、任務」

「ミッション」にはキリスト教の布教活動である「伝道」という使い方と、ビジネスや軍事作戦で使われる「使命、任務」の使い方があります。 「伝道」はキリスト教を遠隔地にも広く伝えることで「使命、任務」の一つと考えられますので、「ミッション」の意味は基本的に「使命、任務」として問題ありません。 一方「ミッション」には「使命、任務」の意味ほかに、「ミッションスクール」や「ミッションの派遣」のように果たすべき「使命、任務」を目的に設立された組織という意味もあります。

ミッションは英語の「mission」に由来する

「ミッション」の英語表現は「mission」です。 「mission」の語源はラテン語の「mittere 」に由来します。「mittere 」は「送る」という意味の言葉でしたが礼拝の終わりに司教が信者を教会から送り出す言葉として使われるようになり、「神の言葉を送り届けよ」と解釈されて「伝道」として使われるようになりました。 その後「mission」はビジネスや軍事作戦などで達成すべき「使命や任務」として一般に広く使われるようなり、日本でも英語がそのままカタカナで使われています。

ミッションの様々な使い方

「ミッション」の意味が理解できたところで主にビジネスシーンにおける「ミッション」の使い方を見ていきましょう。 「ミッション」の意味が理解できていればここにあげた事例以外にも様々な応用的使い方ができます。日常のビジネス会話や社内議論でも積極的に「ミッション」を使ってみましょう。