「付近の端末の設定」とはandroid端末の手軽なセットアップ方法

スマホを買い換えるときなどデータの移行をしたいときに、一つ一つ手作業でしていたのでは時間もかかりますしミスをしてしまう可能性があります。 そこで便利な機能が「付近の端末の設定」です。「付近の端末の設定」を行うことで、Bluetoothを利用して手軽にデータを移行することができる、便利な機能になっています。 ここでは、この付近の端末の設定をAndroid端末で手軽にセットアップする方法について解説していきたいと思います。

「付近の端末の設定」で端末のセットアップを行う方法・手順

まず最初に、Android端末で【付近の端末の設定】を行う方法と手順について解説していきたいと思います。 そこまで複雑な方法ではありませんので、誰でも簡単に作業をすることができると思いますが、まだ付近の端末の設定について知らない方は是非参考にしてみてください。

手順①通知をオンにする

まず最初にAndroid端末の設定アプリを開きます。 次に【Google】の画面を開いて【端末】をクリックします。この端末内で【通知の表示】をONにします。 この設定をONにすることで付近の端末にアクセスすることができます。

手順②bluetooth・位置情報をオンにする

次にBluetoothと位置情報の設定をオンにします。 端末内に入っているデータを移行するためにはBluetoothを使う必要があり、「付近の端末の設定だけ」でなくBluetoothの設定も必要となります。 まず端末の設定画面を開きBluetoothを開きます。ここでBluetoothの設定がオンになっているか確認します。オンにすることによってBluetoothを利用することが可能になり、接続できるデバイスのリストが出てきます。ここで接続したいデバイスを選択することでBluetoothを介してデバイスを接続できるようになります。