手取り25万円の人が家賃にかける最適な額

手取り25万

手取り25万(画像:Unsplash

手取り25万円の場合、家賃に充てるのはどの程度の額なのか難しいところです。あまり家賃に多くを充ててしまうと、そのほかに必要なお金、たとえば生活費などのお金が足りなくなってしまいます。 ここでは手取り25万円の場合に家賃にかける最適な額がどの程度であるのかをご紹介していきます。やりくりに困っている、という人はぜひ参考にしてください。

一人暮らしの場合

手取り25万

手取り25万(画像:Unsplash

手取り25万円で一人暮らしをする場合、適切な家賃はおよそ8万円です。 これは手取りのほぼ3分の1にあたります。家賃を3分の1に抑えることによって、生活費に余裕が出るだけではなく貯金をするもできるようになります。 家賃を上げてもっといいところに住みたいと考えて多少無理をしてぎりぎりの生活をしても、貯金ができなければいざという時の出費に対応ができなくなってしまいますし、将来のための資金を貯めておくことが難しくなってしまうため、あまりおすすめできません。先を見越して3分の1程度に抑えておきましょう。

二人暮らしの場合

手取り25万

手取り25万(画像:Unsplash

手取り25万円で二人暮らしをする場合も、適切な家賃は3分の1であるおよそ8万円です。 この場合、家賃を二人で折半するのかどちらかが全額払うのかなどといったことを最初に決めておくことが必要です。 また、その場所にずっと住み続けるのかといったことについても考えておくべきでしょう。賃貸の場合には家族が増えたら引っ越しをする可能性もあります。二人暮らしの場合は、将来のために養育費や結婚資金などを貯めておきたいという人も多いでしょう。そのような時には、あまり家賃に家計を割きすぎるべきではありません。

三人暮らしの場合

手取り25万

手取り25万(画像:Unsplash

手取り25万円で三人暮らしをする場合、適切な家賃は8万円以下です。 これは、家族が増えた分生活費に回さなければならなくなってしまったためあまり家賃にお金を割くべきではないでしょう。もちろん多少高い家賃を払い、大きな部屋を借りて家族を住まわせるという方法もあります。その場合には生活費を切り詰めましょう。 なお、家を建てることに関しては慎重になるべきでしょう。まだ賃貸でも十分暮らしていけますし、マイホームを建ててローンを組むよりも、貯金にお金を回して余裕が出てから居を構えた方がいいでしょう。