品行方正(ひんこうほうせい)の英語は「polite」

polite

polite(画像:Unsplash

「品行方正」は、英語で表現すると「polite」となります。 ・He is always polite and not hated by anyone. (彼はいつも品行方正で、誰からも嫌われない。) 「polite」は正しくは「礼儀正しい」なので、やや意味が異なりますが最も平易な表現です。他には「good conduct」「high morals」などの表現方法もあります。

品行方正(ひんこうほうせい)の対義語は「品性下劣」「素行不良」「傍若無人」「傲慢無礼」

品行方正の対義語

品行方正の対義語(画像:Unsplash

「品行方正」の対義語は「品性下劣(ひんせいげれつ)」「素行不良(そこうふりょう)」「傍若無人(ぼうじゃくぶじん)」「傲慢無礼(ごうまんぶれい)」です。 それぞれの意味は「品性下劣」は「行動や振舞が下品なこと」、「素行不良」は「普段の行動が悪いこと」、「傍若無人」は「周りを気にせず、勝手気ままに振る舞うこと」、「傲慢無礼」は「思い上がった態度で人を見下し、礼儀を欠くこと」という意味です。

品行方正(ひんこうほうせい)の使い方と例文

品行方正の使い方と例文

品行方正の使い方と例文(画像:Unsplash

最後にここまでに紹介した意味を踏まえて「品行方正」の使い方を確認します。 実際に使う場合の表現方法も紹介しますが、先述した「品行方正」の意味が通るか確認しながら、例文を読んでみて下さい。

例文①品行方正な人

1つ目の例文では、「品行方正な人」という表現を紹介します。 ・世界的に通用する企業を目指す社長は、品行方正な人であるべきだ。 「品行方正な人」とは「普段からの言動が正しく誇れる人」という意味です。例文では、世界を目指す企業の社長は、普段から行いが正しく人に誇れる態度を取れる人であるべきだと言うことが表現されています。先述の通り、「礼儀正しい人」という場合は「普段の行い」という意味は含みません。