品行方正(ひんこうほうせい)の意味は「言動が正しく誇れるものである」

「品行方正」は「普段の言動が正しく誇れるものだ」という意味です。 ただし、人の目につくところだけで正しい言動を取るのではなく、普段から正しい行いをするというニュアンスが含まれています。

品行方正(ひんこうほうせい)の類語とそれぞれとの違い

次は「品行方正」という四字熟語の類義語を2つ紹介します。 「礼儀正しい」と「折り目正しい」の2つを紹介しますが、それぞれ「品行方正」とどんな意味が同じで、どの意味が異なるのかを確認しましょう。

品行方正と「礼儀正しい」の違い

「品行方正」と「礼儀正しい」の違いは、「ルール」に関するニュアンスの有無です。 「礼儀正しい」とは「秩序を守るために守るべき様式に沿っている」という意味です。つまり仕事や人間関係を維持する正しい立ち振舞いが出来ると言うことです。 「品行方正」は、「普段の立ち振舞い」などの正しさも含まれています。つまり品行方正な人は礼儀正しいと言えますが、礼儀正しい人がかならず品行方正であるかはわかりません。

品行方正と「折り目正しい」の違い 

「品行方正」と「折り目正しい」の違いも、「礼儀正しい」と同様に「ルール」に関するニュアンスの有無です。 「折り目正しい」の意味は「礼儀作法をよくわきまえていること」という意味で、「礼儀正しい」とほぼ同義語です。つまり「人間関係や秩序を維持するための行動様式に沿った行動ができる」という意味です。 先述の通り「品行方正」は「普段の行動の正しさ」も含むので意味が異なります。